banner

交通事故での嘘の証言

交通事故での嘘の証言について

交通事故で、嘘の証言をするとどうなってしまうのでしょうか。
物故事故ではなく、人身事故に切り替わることも少なく有りません。
最近では、自動車に運転状況を撮影しておけるカメラなどが搭載することができることも有るのですが、交通事故により破損をしてしまった場合は、困ってしまうという方も少なくないでしょう。
また、大抵、交通事故の場合は、証言が食い違うことが少なく有りません。
そのため、交通事故を起こした際に、示談ではない場合、保険会社をお互いに利用することが多いのが常です。
でも、居直る方も少なく有りません。
そのため、嘘の証言で貴方を錯乱させるのが得意な方が多いというのも、特徴になります。
と言っても、冷静な判断がいずれにしても必要になってくるのです。
相手方との交渉について、当事者個人で行うのではなく、弁護士などに任せるという選択肢が有ります。
交通事故専門の弁護士も少なくなく、また、客観的判断や根拠に基づいて行動してくれます。
また、事故のショックなどで、冷静な判断ができないという時は、貴方個人で判断を迫られても、イエスマークやOKサインを出してはいけないのです。
きちんと貴方の立場を主張すること、また裁判に移行する場合なのですが、決して泣き寝入りをしないためにも、プロを頼ってみるという選択肢を選択してみましょう。
法律相談をするところも少なく有りません。
近くに、相談できる専門家やプロがいないのだけれど、どうやって探したらよいのかわからないという方も、いらっしゃることでしょう。
そこで、インターネットやオンラインを活用するという方法をお勧め致します。
インターネットなら、専門家についての情報収集も、一度で複数の情報を比較することができます。
不思議な被害者や当たり屋というのも居ますので、注意が必要になります。
警察に事故の届け出を出した後は、弁護士に対応してもらうという方法が有ります。
とてもじゃないけれど、相手方からの嫌がらせに耐えかねているという方も、多いのではないでしょうか。
また、弁護士費用特約に保険で入っている方は、ご利用頂く事ができるのです。
交通事故鑑定を行うということもできます。
こういった鑑定士を探すのには、インターネットを活用されるということがお勧めになります。
それは、証言や供述がいつも、真実だとは限らないからです。
もし、悪意によって偽証した場合は、偽証罪に問われることもあります。
そのため、分からない、あやふやなことについては、注意が必要です。

Copyright(c)2014 交通事故に強い弁護士 All Rights Reserved.