banner

住宅の屋根の種類

厚木市の特徴と一戸建て住宅の屋根の種類

厚木市には、緑区、中央区、南区の3つの区があり、緑区には津久井湖や相模湖と言った自然湖があり、南区は厚木市の中でも東京の町田市に隣接しており、都心へのアクセスが良い事からも、南区の土地価格相場は他の緑区や中央区と比較をすると割高になっていると言う特徴が有ります。

厚木市の南区には小田急線の相模大野駅があり、快速急行を利用する事で新宿までの所要時間は約37分で行き来が可能になっており、通勤や通学などにも便利な位置にあります。

一方、緑区にはJR横浜線の橋本駅があり、橋本駅から町田駅までは約14分、東京のベッドタウンとも言われている八王子駅までは約11分と交通のアクセスが良い環境にあります。

また、駅周辺は賑わいを持ちますが、駅から離れる事で、自然が豊富なエリアに入り、そこにはプレイスポットとしての湖や観光地などの施設が在るのが特徴なのです。

住宅の屋根の種類には、陶器瓦、いぶし瓦、無釉瓦、化粧スレート、ガルバリウム鋼板、銅板、厚形スレート、コンクリート瓦などの種類が在ります。種類によりメンテナンスが必要になるなどの違いがあります。。例えば、古くから一戸建ての屋根として利用されてきている陶器瓦については特別メンテナンスの必要はありません。

しかし、陶器瓦については、基礎をしっかりと作らないと建物が瓦の重みで潰れてしまう事になりますので、基礎に掛かる費用は通常の一戸建てと比べると割高になります。

いぶし瓦は、瓦の材料でもある炭化膜の寿命が40年から50年だと言われており、このサイクルの中でのメンテナンスを要するとしています。

無釉瓦についても、40年から50年毎に葺き替えが必要であると言われていますが、これらの瓦は住宅の寿命を50年とすれば、住宅と同じくらいの耐用年数が有ることになるのです。

化粧スレート、ガルバリウム鋼板、厚形スレート、コンクリート瓦においては屋根の表面の退色の劣化が起きる事からも15年程度のサイクルで塗装が必要とされます。これらは屋根塗装と言う形で外壁塗装などと合わせて行う事で足場を組み上げるコストを削減することが可能になるのです。尚、化粧スレートについては塗料の質により耐用年数は異なりますので、15年よりも短いサイクルで塗装を行う必要が出てくる事もあるのです。一戸建て住宅は定期的なメンテナンスを行う事で耐久性を向上させることが出来ます。

一戸建て住宅で外壁塗装や屋根塗装を行う必要性というのは、住宅の建材などを守るために行うもので、塗料を使って塗ることで塗料の膜が作られ、雨を弾き飛ばす事が可能になり、耐久性を向上させる事が可能になるのです。

中古で購入した一戸建て物件などの場合は、メンテナンスが行われていない場合、建築年数が30年ほど経過している物件であれば、購入後にメンテナンスを行う必要が出てくる物件も有ると言えるのです。”

Copyright(c)2018 厚木の一戸建てを買うときの予算を具体的に考える、必要なものはそろえた方が絶対お得です。 All Rights Reserved.