banner

まずしなくてはいけないこと

交通事故を起こしたらまずしなくてはいけないこと

交通事故を起こしたらまずしなくてはいけないことは、現状を動かさずに警察へ連絡することです。交通事故では過失割合というものがあり、どちらに責任が重いのか、例えば自分が7割で相手が3割と言ったような数字で割合を出します。また、交通事故を起こして逃げた場合はひき逃げとなり、刑事事件の対象となります。まずは、交通事故を起こしたそのままの状態で警察へ連絡し、その過失割合を決定して貰う必要があります。警察の介入なしに相手側と交渉をしたり、威嚇したりすると、その分過失が重くなる可能性もありますし、後々トラブルになる可能性もあります。また、この際に相手を威圧して逃げようとすれば脅迫罪などの罪に問われる場合もあります。ありとあらゆる可能性があるのが、直前の現状を動かすということなのです。交通事故はまず起こさないことが大切です。しかし、交通事故を起こしてしまったら、まずは警察の判断を待ちましょう。相手側とはなるべく会話もしないようにして、
「とりあえず警察を呼びましょう」
と、問いかけるのが大切となります。
交通事故を起こしたら、次にしなくてはいけないのが、賠償や車の修理などのお金の問題です。人身事故の場合でも、車同士の事故の場合でも、過失が自分の方が重いとされれば、その分の賠償金を支払わなくてはいけません。車が破損した場合は修理に出さなくては、見栄えが悪くなります。車が修理に出されていなくて、破損などがある場合は、事故車と見られて、次に事故などのトラブルに巻き込まれた時に自分の歩が悪くなります。お金を支払うの際、不服などがあれば裁判が行われますが、裁判では過失についてどう分配されるか、人身事故の場合は相手側の損害がどの程度あったのかなどを整理します。人身事故の場合は、車同士の事故よりも遥かに高い賠償金が必要となります。相手に100パーセント過失があったケースなどは別ですが、過失が自分の方が重い場合は、治療費や、後遺症が出ればその分の賠償金も支払わなくてはならず、相手が死亡した場合は億単位の賠償金を支払わなくてはいけません。
お金を支払えば、法的には解決となります。人身事故の場合は取り返しのつない命を奪ってしまう場合や、後遺症によって後々まで影響が出る可能性はあります。そうした場合の罪の意識は持っておくべきですが、まずはお金を支払って法的に解決を目指しましょう。
交通事故を起こしたら、まずは警察に電話をし、裁判所で整理をするのです。

Copyright(c)2014 交通事故に強い弁護士 All Rights Reserved.