banner

最近の投稿

被害者が即死した場合

交通事故で被害者が即死した場合の慰謝料について

交通事故でもしも被害者が即死の状態の場合は、加害者または目撃者が速やかに警察に通報しないといけません。もし加害者がそのまま逃げた場合は轢き逃げ事件となりもっと罪が重くなりますので、加害者が速やかに通報した方が警察に対しての印象は良いでしょう。

そして現場検証を行い事故証明書を発行してもらった後は、過失致死事件として書類送検される事になります。そして被害者の遺族の方には被害者が亡くなった事が伝えられ、今後の遺族の意向を確認する事になります。一方加害者は拘置所に勾留されて刑事裁判が行われるのを待つ事になります。

そして交通事故による過失致死事件の裁判が始まり、加害者側も裁判官を立てて裁判を行い量刑が確定する事になります。しかし交通事故の裁判はこれだけでは終わらず、被害者遺族の意向によっては慰謝料請求の裁判が行われる事も有ります。もし被害者が世帯主であってその世帯の収入を稼いでいた場合や、会社の経営者だったりする場合はその世帯や会社に多大なる損害を与える事になるからです。

遺族は被害者が亡くなった事で収入源が無くなる訳ですから、加害者は被害者遺族の生活に関する費用を補償しなければなりませんし、会社の経営者であれば本来被害者が生存する事による会社の収益を補償しなくてはなりません。被害者側から慰謝料の請求が有れば、速やかに民事裁判に入る事になります。

交通事故の裁判では被害者の方にも責任が有る場合はある程度の減刑や慰謝料の減額が考えられるケースも有りますので、その裁判によって割合は変わってきますがもし被害者を轢き逃げしてしまった場合は過失致死から最悪殺人罪になる可能性も有りますので、もし交通事故の加害者になってしまった場合には逃げずに速やかに警察に通報しましょう。

そして自分が罪を犯したと言う意識を忘れずに被害者遺族などの被害者関係者に賠償の意識を忘れずに裁判で下された判決に従い、被害者関係者に誠意をもって賠償しなければなりません。被害者側の心理としてはお金だけでは解決しないとは思いますが、民事裁判の判決の殆どは賠償金の支払いを命じられる事が多いので速やかにその判決に従い分割でもいいから慰謝料を支払っていかなくてはいけません。

交通事故が起きたら被害者遺族だけでなく、加害者の家族にも精神的にもかなりのショックを与えてしまう事が多い為1番良いのは車や自転車を運転する際には常にまわりに注意を配り、交通事故を起こさない様に心がける事が望ましいです。

弁護士に相談を

交通事故の加害者となった時にも弁護士に相談を

交通事故を起こしてしまった時には加害者の立場になります。その時には直ちに契約をしている任意保険会社に連絡をする必要があります。保険会社はお互いの過失の割合によって相手が被った損害の支払いを行います。そして契約者の加入している保険の内容により契約者自身も保険金がおりる事もあるので、その手続き等も行います。

損害賠償金の交渉なども加害者である保険契約者に代わり行ってくれるようですが、それでも時には被害者側に対してぞんざいな対応をする場合もあるようです。治療費支払いの打ち切りや、被害者の不利になるような示談の交渉、そして時には裁判を起こす事もあるようです。そのような時には被害者の気持ちを傷つけるばかりか、反感を買う事も考えられる為に加害者側として不本意な方向へ事態が進む事もあるという事です。

増して加害者が車の運転を職業としている場合には、交通事故を起こした事のペナルティとして交通違反に加点される点数に加えて大幅な加点をされる事となる為に、運転免許の停止や取り消しといった処分を受ける可能性もあります。勿論このような事態になる時には1度の交通事故で直ちにそのような処分を受けるとは決まっていないようですが、警察に呼び出されるという処分ギリギリの状況になる事はあるようです。その際に被害者へのサポートや謝罪をきちんと行っている事は、処分に際して何らかの影響を受ける事のあるという事です。
このような情状酌量が認められるには、弁護士等の法律の専門家に相談をして事前に対策を立てておく事は必要かも知れません。費用が掛かる心配もありますが、免許を取り消されては生活の糧となる仕事が出来ない事態に陥る事になってしまいます。

時には被害者側が法外な賠償金を請求してくるケースもあるようです。支払う必要の無いお金を請求された時、その正当性を証明する為に裁判を提起する事もあります。保険会社が裁判を起こした場合は特に費用の支払いは必要ありませんが、任意保険に加入をしていない場合には全て一人で対処をする事になります。

交通事故の裁判には双方の言い分が食い違うという事も多々あるようです。それに加えて相手側が裁判を有利に運ぼうとして嘘をつくケースも無いとは言えないようです。その場合も弁護士に一任をする事で正当な金額の支払いのみで済む事も可能となります。弁護士の中には交通事故案件のエキスパートとも言われる人も居るようなので、弁護士に依頼をする時は得意分野に着目をすると良いでしょう。

Copyright(c)2014 交通事故に強い弁護士 All Rights Reserved.