banner

弁護士に相談を

交通事故の加害者となった時にも弁護士に相談を

交通事故を起こしてしまった時には加害者の立場になります。その時には直ちに契約をしている任意保険会社に連絡をする必要があります。保険会社はお互いの過失の割合によって相手が被った損害の支払いを行います。そして契約者の加入している保険の内容により契約者自身も保険金がおりる事もあるので、その手続き等も行います。

損害賠償金の交渉なども加害者である保険契約者に代わり行ってくれるようですが、それでも時には被害者側に対してぞんざいな対応をする場合もあるようです。治療費支払いの打ち切りや、被害者の不利になるような示談の交渉、そして時には裁判を起こす事もあるようです。そのような時には被害者の気持ちを傷つけるばかりか、反感を買う事も考えられる為に加害者側として不本意な方向へ事態が進む事もあるという事です。

増して加害者が車の運転を職業としている場合には、交通事故を起こした事のペナルティとして交通違反に加点される点数に加えて大幅な加点をされる事となる為に、運転免許の停止や取り消しといった処分を受ける可能性もあります。勿論このような事態になる時には1度の交通事故で直ちにそのような処分を受けるとは決まっていないようですが、警察に呼び出されるという処分ギリギリの状況になる事はあるようです。その際に被害者へのサポートや謝罪をきちんと行っている事は、処分に際して何らかの影響を受ける事のあるという事です。
このような情状酌量が認められるには、弁護士等の法律の専門家に相談をして事前に対策を立てておく事は必要かも知れません。費用が掛かる心配もありますが、免許を取り消されては生活の糧となる仕事が出来ない事態に陥る事になってしまいます。

時には被害者側が法外な賠償金を請求してくるケースもあるようです。支払う必要の無いお金を請求された時、その正当性を証明する為に裁判を提起する事もあります。保険会社が裁判を起こした場合は特に費用の支払いは必要ありませんが、任意保険に加入をしていない場合には全て一人で対処をする事になります。

交通事故の裁判には双方の言い分が食い違うという事も多々あるようです。それに加えて相手側が裁判を有利に運ぼうとして嘘をつくケースも無いとは言えないようです。その場合も弁護士に一任をする事で正当な金額の支払いのみで済む事も可能となります。弁護士の中には交通事故案件のエキスパートとも言われる人も居るようなので、弁護士に依頼をする時は得意分野に着目をすると良いでしょう。

Copyright(c)2014 交通事故に強い弁護士 All Rights Reserved.