banner

示談の際の注意点

交通事故の示談の際の注意点

交通事故に遭った時は、相手の対応にもよりますがその場や調停で示談で終わるケースも幾つかは有ります。比較的被害者の怪我が軽いケースや、お互いに支障の無い範囲であれば示談で終わる事も数多く有ります。
しかし裁判まで発展するケースや損害賠償の段階まで発展するのと同様に注意しなければいけない点が幾つか有りまして、それを怠ると後々大変な事になる場合が有ります。
まずは交通事故に遭ったら必ず事故証明書を取るのは勿論の事ですが、もし相手が警察沙汰になるのが仕事上都合が悪いケースも有りますので、その際は必ずその場で金銭のやり取りは行う様にしましょう。ただしそれは被害者が、納得すればの場合ですが。そして弁護士を通しての示談を望む場合は、必ず警察に連絡を取って相手の連絡先は必ず控えておく様にしましょう。もし相手の連絡先が分からなければ、警察に問い合わせるのでもいいでしょう。
次に弁護士に相談する時は、出来るだけ示談で終わらせたい旨を伝え相手の弁護士と事前に打ち合わせをしてもらえば調停の時に比較的スムーズに進める事も可能になります。
もし逆にこっちが加害者になってしまった場合は、交通事故を起こしたのはこっちですので相手に対して誠意を持って接し、弁護士にも出来るだけ話し合いで終わる様に相談してみましょう。
裁判の時は、裁判官や弁護士が調書を取ってくれますので問題はないのですが、個人同士の話し合いの時は被害者であっても加害者であっても必ず、金銭のやり取りが有った場合はやり取りの証拠を残す意味でもお互いの署名捺印をした念書を残しておく事も大切です。もしその場で金銭のやり取りが出来なかった場合は、後日約束を取り付ける念書は必ず必要です。その際には必ず相手の確実に連絡の取れる連絡先と、住所と氏名は最低限確認して署名させる様にしましょう。そして交通事故の有ったその場でその日時の約束をしましょう。
1番良いのは警察に連絡をして、警察と弁護士に仲介に入ってもらって調停で話し合いをするのが理想的ですが全てがその手法を使える訳では有りませんので、もし被害者になった場合は相手と常に連絡を取れる様にしておく事と念書の内容に嘘が無い事を確認しておきましょう。
もし加害者になってしまった場合は、相手に対して誠意を持って対し病院にお見舞いに行くのも良いでしょう。しかし念書の内容は相手にも守ってもらう様に注意しましょう。不安が有る場合は、交通事故に関して詳しい弁護士に相談するのも1つの手です。

Copyright(c)2014 交通事故に強い弁護士 All Rights Reserved.